04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

オレンジの壺 / 宮本 輝

2016/08/02
 

佐和子・25歳―とりたてて不幸なことなど何もない、しかし決して幸福ではない。

ある日、亡き祖父から残された日記帳を読んだ佐和子は、重大な秘密を知る。

パリへ旅立ち、祖父の本当の姿を探し求める彼女は、いつしか大切な何かを追い求めている。

平凡な自分に何ができるのか?

佐和子が見つける答えは―。

女性のひたむきな成長を描く宮本文学の傑作。 内容(「BOOK」データベースより)



結婚一年で離婚に至った25歳の主人公:佐和子。

元夫から別れ際に残された言葉が、彼女の心に深く突き刺さっている。

お前には、どこも悪いところはない。だけど、いいところもぜんぜんないんだ。女としての魅力も、人間としての味わいも、まったく皆無だ。


開始早々、このたった一つの台詞で、主人公の人となりをズバッと見せてしまうなんて。

印象的な言葉選びがとても美しい。

宮本作品を好きに思う要因の一つです。


また、描かれる人物からは、いつも独特の色のなさを感じます。

色彩の無さ。

単に平面的と言うのではなく、立体的な人物でありながら、少しパサついたような寂しさ。

生命力とかガツガツしたものがない。


そんな25歳にして辛辣な言葉を浴びてしまった佐和子が、いかにして自信を取り戻していくのか。

祖父の残した日記を元に、過去に遡る旅がとても物悲しく美しかったです。


この物語の中で過去に遡るうち、見えてくることと、見えてこないものが出てくる。

多くの人が亡くなっている今、想像のみで隙間を埋めなければならないこともある。

人の心を想像して、それでも結論を出すべきか。

人を傷つけてまで蒸し返さなくとも、分からないことは、分からないままでいいのではないか。

祖父の日記を前に葛藤を繰り返しもがく様が、とても誠実でした。

分かりやすく面白い娯楽作品ではないですが、宮本輝さんはやはり好きな作家さんです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
11:39 宮本 輝 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
私この本で1時間語れます(笑)
大好きな本の1冊で、我が家にもあります。
3~4回くらい読み返し、そのたびに
「凄いじーちゃんだったなー」と思ったり
佐和子にイライラしたり(笑)
今はあまり読まなくなりましたが、20代前半
は結構読みましたよー。
igaigaさまへ
こんにちは。
この本を手に取ったのは、図書館で見つけた時に、igaigaさんがお好きだったのを覚えていたからです。
いいお話でしたね。
ほんとほんと、佐和子にちょっとイライラしますが^^

宮本輝さんの貪欲すぎない所が、私は好きなんですよ。
おもしろい小説、売れる小説を書こうと思ったら、もっと分かりやすい展開やオチに持っていけそうなのに、そこまでやりきらずに、宮本輝ワールドのまま。
清潔な方だなと思います。
素敵な作品おすすめありがとうございました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。