08月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

三面記事小説 / 角田 光代

2016/08/22


「私は殺人を依頼しました。恋人の妻を殺してほしいと頼みました…」

誰もが滑り落ちるかもしれない、三面記事の向こうの世界。

なぜ、姉夫婦の家は不気味な要塞のようになってしまったのか?

家出少年を軟禁する主婦の異常な執着心。

「死んでしまえ」と担任の給食に薬物を混ぜる女子生徒。

平穏な日常が音をたてて崩れてゆく瞬間のリアルな肌触り、追いつめられていく様子。

現実の三面記事に書かれた、いわくありげな事件から著者が幻視した、6つの短篇。 内容紹介より



普段紙面で見たのなら、読んだ端から忘れてしまいそうな三面記事。

そんな小さな記事の一つ一つに焦点を合わせ、時間を遡らせるように真相を見せる面白い作品です。

短編の最初には、その事件を報道した新聞記事が、少し薄めに印刷されている。

当然のことながら新聞記事を読んでから短編に入るわけなので、読者は小説のオチを知った状態で読むこととなる。

古畑任三郎的とでも言いましょうか。


犯人が分かっている。

捕まったことも分かっている。

「犯人」というものすごいレッテルを貼りながらのスタートなのに、私は犯人の心に吸い込まれるように引き寄せられてしまった。

人の心が壊れていく様。

小さな綻びが、とてつもない穴へと広がっていく怖さ。

犯人だなんてとても思えない。

一生懸命生きた人の弱さが、ただただ不幸で弱かった。


人を好きになることは難しい。

愛されることも難しい。

ちょっとしたすれ違いから心をずらしてしまう、角田光代はやはり上手いのです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
10:56 角田 光代 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。