04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

夏を喪くす / 原田 マハ

2016/07/11


「なんだか、硬いね」

ベッドで恋人が乳房の異変に気づいた。

仕事と恋を謳歌する咲子の人生に暗雲が翳る。

夫との冷えた関係に加え、急に遠ざかる不倫相手に呆然とする。

夏の沖縄で四十歳を迎えた女性の転機を描く表題作「夏を喪くす」。

揺れる女心の決意の瞬間を、注目作家が鮮烈に綴る中編集。内容(「BOOK」データベースより)



あれ、この人こんなに面白かったっけ。

以前に読んだ「楽園のカンヴァス」「キネマの神様」より、ずっとずっといい。


女性を主人公とした中編が4つ。

それぞれが満足のいく重みのある内容で、どれかに絞って感想を書こうと思うのだが、絞りきれないのです。

後悔や不幸が混ざり追い込まれるも、最後に手を伸ばさなければならない距離感で、淡い希望の光を見つける。

ぐっと手を伸ばすところで終わる感じが、この物語たちの共通点でしょうか。


「天国の蠅」は不思議と心に残ります。

父親の借金に追われ、まともな学生生活を送れなかった主人公と、どうしようもない父親との関係。

どんなにダメな父親でも、自分のことを「蠅」と見立てて書いた詩は、見事に美しい。

そうだ、「キネマの神様」のお父さんもダメだったなぁ。


男に甘えきることが出来ずに問題を一人で解決しようとする姿が、なんて不器用な…と思いつつも応援してしまう。

パサついた感じを出す上手さが、角田光代さんに近い印象。

手軽に読める中編で、雰囲気の良い作品でした。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
16:58 原田 マハ | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
ごぶさたしております。復活なによりです。

そうですか。キネマの神様よりいいんですか。
あれもゴロちゃんさんの推薦で読んで結構いいとおもったんで、じゃあこれも読んでみますね。
No title
「ごめん」の文庫版みたいですねー。
最初わからなかったのですが、「天国の蠅」という独特のタイトルに「あれ?読んだことあるような」と思いました。私はこの本が初・原田さんだったのですが、逆にこれ以降あまり読んでません(笑)

私の当時の感想でも4作中一番が「天国の蠅」でした(と、書いてました 笑)
キミ兄さまへ
ご無沙汰しております。
キミ兄さまはますますご活躍のようで嬉しいです。

「キネマの神様」読んでくださったのですね。
もしかしたら、男性には「キネマ…」の方が合うかもしれません。
というのも、女性側の不倫話が、男性側からしたら鼻につくかもしれないなと思うからです。
そんな部分もありますが、「天国の蠅」は何とも言えず美しく良かったです。
igaigaさまへ
そうなんですね。
最初は違うタイトルで推していたのか…
確かに「ごめん」より「夏を喪くす」の方が雰囲気がいいかも。

女性の在り方がちょっと鼻につく作品でもありましたね^^
一遍だけならいいのですが、こんな非現実的な生活をしてる人が続くと、女性でも女性不振に陥ります。
「天国の蠅」の詩が、何よりギュッと印象に残りました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。